SFAを導入したからといって、必ず業績が上がるわけではありません。有効に活用するためには、導入する目的を明確にして適切なシステムを選ぶ必要があります。SFAの導入が向いているのは、営業活動が可視化できていない企業があげられます。商談の課程や成功率などを紙のデータで残している場合、把握しているのは担当者だけです。

SFAを導入すると、それらの情報が可視化され誰もが見られるようになるため、どのポイントでつまずいたのか、何が成功のポイントであったのか把握することができます。多くのデータを蓄積することで分析の精度も高くなり、業績アップに繋げることができます。また、それらのデータはリアルタイムで更新されるため、即効性のある戦略を立てることが可能です。他の会社よりも初動が早くなり、契約できる件数も高くなる可能性があります。

そして、営業業務が効率化できていない企業にも向いているシステムです。営業担当者は、業務終了所は日報を書いて上司に報告しなければなりませんが、SFAが導入されていないと会社まで戻ってパソコンに向かわなければなりません。しかし、SFAが導入されていればインターネット環境があればスマホから報告書が送れるため、わざわざ会社に戻る必要もありません。上司もいち早く報告書を見ることができるため、誰もが早く仕事を切り上げることができるでしょう。

働き方改革に沿った、効率的な業務体制を整えることができます。