SFAは営業システムとして現在、日本の複数のベンダー企業からリリースされています。従来の営業方法を改善し、より効率化と最適化を促進するツールとしてSFAは紹介されていますが、ただシステムを導入しただけでは営業成績に変化はありません。営業マンと管理者、そしてSFAを使いこなし分析と調査が出来る人材がそろって、はじめて営業の効果が得られるものです。適切なシステムを導入したいのであれば、現在の営業チームの問題点を洗い出す必要があります。

最初はまず、この欠点部分をカバーしてくれるようなツールを探すことが大切です。クラウド化されていないシステム環境が問題点であれば、すぐにそうした環境を整えることが必要となります。SFAを導入する場合は、運用ルールとマネジメントの手法をあらかじめ決めておくことが大切です。どういったデータを収集し分析するかを、個人の判断のみで任せるのではなく、営業チーム全体の利益になるようなデータを抽出することが大切となります。

その上で管理者や責任者が、目標値を設定し達成率などを参考にすると良いでしょう。SFAシステムの導入後は、出来るだけ早い段階で研修を行うべきです。営業マンが使いやすいシステムやインターフェースでなければ、データを構築することが出来ません。その際にベンダーのサポート体制が整っているかという視点も求められます。

アフターサポートはもちろん、操作方法といった簡単なことも気軽に聞ける環境づくりが大切です。