主に営業部門で活用されているSFAは、導入において明確な目標を立てることでさらなる活用が可能です。SFA導入における目標として考えられるのは、売上げアップや社員の行動の可視化などでしょう。導入したSFAの種類によっては分析機能が付属しており、部署内の強みや弱みの解析にも役立ちます。営業部門を支えるSFAを導入することで、成績アップを目指す企業も多数存在します。

リサーチから営業活動、資料の提示や交渉などの受注までのプロセスを案件管理機能で把握することにより、誰がどのように交渉を重ね、どれぐらいの時間がかかったのかを知ることもできるでしょう。蓄積されたデータを確認し、逆算することにより、受注までに必要なプロセスを見つけることができます。1つの案件で獲得したプロセスを活用すれば、次の案件をスムーズに進行し売上をアップするためにも役立つはずです。判りやすい売上目標として社員に提示することもできるでしょう。

社員の行動も可視化もSFAが得意とする機能です。営業担当社員は基本的に社外へと出かけており、社内に残ったメンバーや上席はその行動の詳細を知ることはできませんでした。しかし、報告機能やコミュニケーション機能を利用すれば写真がどのように行動したのかを知ることができます。昨今提供されているものはGPS機能なども備わっている他、スマートフォンやタブレットを利用して移動先での入力も可能となっています。