SFAは営業業務のサポートをメインに使用されているツールで、営業に役立つ様々な機能が搭載されています。代表的な機能としては案件管理や顧客管理、行動管理などが挙げられるでしょう。スケジュールや日報、名刺データの蓄積、チーム内のコミュニケーションなども便利な機能です。案件管理では商談に関するあらゆる情報を記録し、素早く取り出すことができます。

時系列順に管理された案件を俯瞰的に見ることが可能となり、何がどこまで進んでいるのか判りやすくなるなどの利点があります。提案中の商品や使用した資料、相手方の反応や注文、受注見込みなども随時SFAに記録することが可能です。担当者のコメントなども詳細に残すことで、後々の参考資料に活用することもできるでしょう。顧客管理では取引先の担当者の氏名や所属、受注した商品や受注日時などを残せます。

営業にとって顧客は大切な存在であり、その情報は企業全体の財産です。戦略的に活用することでリピートの需要にも応えることができるようになっており、企業が成長していくための糧になります。行動管理では営業担当社員の活動を記録することができるでしょう。社外での活動が基本である営業担当社員の行動については、これまで本人の采配に任せる企業が多くありました。

しかし、SFAを利用することで誰がどのように活動しているのかを明確に示せるようになり、提案数や受注率、成約率などの成績から公正な評価を行うことができます。