SFAを導入する企業が増えていますが、なぜそれほどまでに需要が高まっているのかわからない人もいるでしょう。では、導入することで得られるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。SFAの最大のメリットとして、営業活動が可視化できることがあげられます。顧客情報や営業の進捗をリアルタイムで把握できるため、スピーディーに戦略を立てやすくなるのです。

進捗状況に応じてチームを編成し直したり、受注を修正したりなど、適切な対応が可能になります。それだけでなく、営業活動を可視化できることはつまずきを見つけやすくなるというメリットもあります。このミスに至るまでにどんなことが起こったのかなど、辿っていくことが可能です。これからの課題として話し合い、改善していくことができます。

そして、SFAを導入すると分析が簡単にできるのもメリットです。蓄積されたデータをグラフや表にして可視化したり、チームや業種ごとに分析することもできます。そのため、データ作りや集計作業に人員を割く必要もなく、スピーディーな分析が可能になります。情報が一元化されているため仕事の引継ぎもしやすく、スムーズに業務が行えるでしょう。

そのほか、大切な情報を一元化管理することは、漏洩を防ぐことにも繋がります。退職や移動などで情報が失われることもなく、データが蓄積されていくので安心です。SFAを導入することで、働きやすい環境を確保することができるでしょう。