SFAとは現在、注目を浴びている営業支援ツールです。システムの一種で、メインの機能は営業活動を支えることになります。国内経済の長引く不況によって、これまで順調に売上を伸ばしていた製品が売れなくなるということは、珍しくありません。SFAはその際に、どのような営業プロセスで販売していたか、どのタイミングが最も売れたかといったデータを抽出することが出来ます。

SFAのシステムのメリットを十分に理解し、把握していれば問題点を早期に発見し、解決することが出来るようになるのです。顧客管理機能や、個別の案件管理、行動管理といった内容も全てSFAシステムにインプットすることで、あとからデータを見直すことが可能となります。営業担当の行動や受注履歴などを蓄積することも、SFAの機能です。これらの成績を入力することは、実は非常に大切なことになります。

次月、来年といった時期にどのくらいの売上を見込むことが出来るかは、データが無ければ予測出来るものではありません。ですが、システム化されている環境にデータが正しくインプットされていれば、目標や見込みを建てることが出来ます。売上の数値に対し、達成率などを算出することも出来るでしょう。中身のある営業を行っているかどうか、商談が売上に結び付いているかといった細かい点まで把握することが出来るようになります。

フォローをする際には、客観的なデータを活用することで具体的なアドバイスを行うことも、可能となるのです。SFAのことならこちら